ストラット式の特徴

サスペンションとは、車において欠かせないものです。
自動車の車体とタイヤの間に取り付けられるパーツになっていて、サスペンションアーム、スプリング、ショックアブソーバーで構成されているのですが、これが路面の凹凸などからの衝撃を吸収緩和して乗り心地を快適にするのです。
乗り心地だけでなく、車高の高さもサスペンションによって変わるので、自動車の性能に大きく関わるのです。
サスペンションと言ってもその種類はいくつかあって、それぞれメリットもデメリットも有ります。
自動車に採用されているサスペンションで代表的なものの1つにストラット式があります。
これは、自動車において最も使用されているサスペンション方式で考案したエンジニアの名前から付けられた方式です。
このサスペンション方式のメリットは、構造が非常にシンプルだという事です。
シンプルになっているのでコスト面で非常に有利であるという事や、シンプルであるが故にメーカーが独自に改良を行って進化をしてきたという事が有ります。
高級スポーツ車にも長年使用されている事からもその性能の高さは折り紙付きです。
これにより、他の方式よりも劣っていた性能を挽回しつつ、コスト面では安価なままなので人気が高いのです。

コメントは受け付けていません。