道路に関するトリビア

自動車に乗っていない方はまず知らないと思われますが、行動や高速自動車道には結構な数のトリビアが存在しておりドライバーの方であっても知らないものも多くなっています。

木
例えば高速自動車道を走っていると普通自動車や軽自動車のほかに、重機や小型の作業用特殊車両などを積載した大型トレーラーや観光バスなどさまざまな車両を見かけるでしょう。
しかし高速自動車道は一定の規格で作られているため、どんな車両でも自由に通行できるというわけではありません。
道路構造物を守り交通の危険を防止するため通行できる規格、具体的に言えば幅や長さ、高さなどの限度値が車両制限令が定められているため、一般的な限度値を超過する大型の車両が高速自動車道を通行するためには、事前に高速自動車道管理者に申請を行い特殊車両通行許可を発行してもらる必要が生じるのです。
また公道を自動車で走行するには免許証が必要ですが、私有地を走行する場合は運転免許証無しでも走行することが可能となっています。
極端な例で挙げると自動車を走らせることが出来るほど広い庭を持っている家庭であれば、運転免許証を取ることが適わない子供であっても親が保有している自動車を運転しても法律違反にはならないということなのです。