車の重要な装置「サスペンション」の機能と役割

自動車において、サスペンションとは懸架装置とも呼ばれるタイヤと車体を繋いでいる機構のことです。地面からくる衝撃を和らげ地面の凹凸を感じさせない緩衝材の役割と、タイヤや軸の位置を定めタイヤを路面に押さえつけることにより乗り心地や運転性を向上させる役割があります。
様々な方式のものが存在しますが、一般的にはコイルスプリングとダンパーまたはショックアブソーバーによって構成されており、コイルスプリングで衝撃を吸収し、ダンパーで振動を減衰することで地面から受ける衝撃を和らげます。同一方式のものであっても寸法や部品の硬さは一様ではありません。
どのようなものを選ぶかによって走行性が変わります。例えば、コイルスプリングの交換によって車高が変更でき、重心が低いほど安定した走りができるようになります。軸がぶれにくくなるので、曲がりやすさやとっさの回避のしやすさなどの安全性も向上します。重心が高くとも硬いスプリングであれば足回りを引き締めることができ、ふらつかないので同じように安定性が増します。逆に硬すぎないスプリングの場合は衝撃吸収に優れていて、地面の凹凸を感じないスマートな乗り心地になります。
しばらく走行するとダンパー内のオイルが劣化して徐々にへたってきますが、ダンパーを交換すれば再び好みの走行性や乗り心地を取り戻すことができます。バラ03 ひまわり